幸せ雑学館

世の中、知っていそうで知らない事がたくさん有ります。知れば嬉しい情報をジャンルに寄らず集めてみました。

お祝い事

お祝いを包む- 結婚・出産・入学・初節句 

投稿日:2017年3月19日 更新日:

親しい人のお祝い事にはお祝いの品やお金を包んで贈りますね。
色々なシーンで贈り物をする時、ふと、これで大丈夫なのかしら?と考える時があります。

贈り方の風習は文化の移り変わりと同様に変わってきています。
気持ちを添える・真心を添えることを一番のポイントとして、昔の風習を参考にしながら、
今の時代に合った贈り方をしましょう。

 

結婚祝い

【品物を贈る場合】

あまり自分の趣味に走らず新家庭で役立つものを選ぶ事がポイントです。

<実用的なおすすめ贈答品>

  • オーブントースター
  •  ハンドミキサー
  •  アイロン
  •  おしゃれなワイングラス
  •  インテリアを兼ねた置時計
  •  ホットプレート
  • 圧力なべ

とはいえ、すでに用意してある物と重なる場合もあるので、はっきり予算を伝え、
希望を聞いて選ぶのが一番かもしれません。

 

【お祝い金を包む場合】

披露宴などのお祝いの席に招待されて現金を包む場合は、のし袋に新札を入れ
住所と名前を記入します。

紙幣は顔が描いてある方が表ですので、そちらを上にして中包みに入れます。

金額は地域によっても異なりますが一般的には

  • 会社関係や友人・知人・・3万円
  • いとこ       ・・3万円
  • 親戚(おじ、おば) ・・5万円
  • 兄弟、姉妹     ・・5万円~10万円
  • 両親・・両親の場合は本当に様々です。支度金や結納金の兼ね合いもあり、両家で話し合う場合もあります。10万円~50万円と差があります。

【会費制の場合は?】

会費がお祝いになるので、両親以外は、別途お祝いを包む必要はありません。

 

【祝電は?】

NTTで1か月前から申し込むことが出来ます。インターネットからも手軽に申し込むことができますが、定例文より、二人に合ったお祝いの言葉を考えましょう。

 

出産祝い

【贈る時期は?】

出産後、1か月以内が良いとされています。ただし、出産後のお母さんは、とても疲れていますので、手渡しするなら2週間後くらいからにしましょう。

 

【贈って喜ばれる品は?】

衣類を贈りたい場合・・赤ちゃんの成長は様々で意外と早く大きくなる子もいます。

ベビー服の場合、すぐに着るものはたいてい揃えていますので、1才以降に着られるサイズにしたらいかがでしょう?

お出かけ用のベビー服も喜ばれます。

又、スタイ(よだれかけ)のセット・おくるみ・おむつなどの実用品や、縫いぐるみ、安全な積み木、ベビー用の食器も良く選ばれています。

 

【お祝い金を包む場合は?】

やはり、現金や商品券は失敗がないので安心して贈る事が出来ます。結婚祝い同様、最近はとても素敵なのし袋が用意されています。のし袋を選ぶことも楽しみのひとつですね。

  • 金額は実家の場合・・2万~10万円
  • 親族ならば   ・・1万円~2万円
  • 友人・知人   ・・5千円~1万円が相場です。

 

初節句

赤ちゃんが、はじめて迎える節句の行事に、女の子にはお雛様を、男の子には鎧兜や武者人形を贈ります。

母方の実家が贈る地域がほとんどですが、都会のマンションなどに住んでいる夫婦はコンパクトなサイズのものを自分たちで購入するケースもあります。また、手作りの木目込み人形を贈る人達もいます。

どんな形でも、子供の成長を祝う気持ちが大切ですね。

 

入学祝い

出産祝いとは違い、祖父母や親しい親戚がお祝いを贈ります。

そのため、両親に欲しいもの、必要なものを聞いて品物を贈ったり、入学で費用がかかることを察して現金を包みます。

【品物は何がいい?】

小学校入学ではランドセルや学習机を祖父母が、地球儀や文具、図書券などを親戚から贈る事が多いようです。

【現金なら?】

  • 祖父母・・2万円~5万円
  • 親戚 ・・1万円~2万円が一般的です。
高校・大学祝い

小学校のお祝いまでは、子供の親に渡しますが、高校生以降は、本人に渡すことが多くなります。

大学入学には、一人暮らしを始めるならば希望を聞いて、電気製品や布団などを贈るとよいでしょう。

【包む】

さて、お金を贈る場合、日本では「包む」と言います。

あからさまに言わず、まるで「まごころを包む」かのように表現します。

又、のし袋にかかる水引は「心を込めて贈り物を結んだ証(あかし)」です。

「包む」「結ぶ」・・のし袋から、おくゆかしい日本の文化・日本の心が伝わってくるような気がします。

 

参考「お祝い事の習慣・・その起源」こちらにご紹介しています。

-お祝い事

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

赤ちゃんのお祝い行事

遥か昔の時代から、子供たちは親にとって、かけがえのない宝物でした。日本の各地には赤ちゃんや子供のお祝い事のしきたりや、ならわしが伝え継がれています。 しかし現代は核家族化が進み、祖父母に教えられる機会 …

おひな様の由来と風習

お雛様を片付ける時は一晩寝かす? 3月3日まで、家の中を賑やかに飾ってくれていたお雛様も、3日を過ぎれば急ぎ片付けに入ります。 私の住む静岡県には3日の夜には、何故かお雛様を後ろ向きに寝かせる風習があ …

披露宴のスタイル

「幸せ」という言葉が一番飛び交う日・・と言えば、間違いなく「結婚式」ですね。 出席者はことあるごとに「おめでとう!お幸せに」と声をかけ、新郎も挨拶となれば「幸せな家庭を築きます!」と宣言します。会場の …

披露宴のマナー

私は以前、結婚披露宴の司会の仕事をしていました。 披露宴も、どんどんスタイルが変わってきてはいますが、列席する人達の祝福する気持ちや笑顔はいつも同じです。(最近では披露宴とは言わず、パーティーと言う式 …

お祝いの習慣・・その起源

日々の風習は幸せを願うために行うものが多く存在します。 でも、意味は知らないけど昔からそうだからと、行っている方が殆どなのではないでしょうか? ここでは何気なく行っている日々の習慣や風習の意味をまとめ …