幸せ雑学館

世の中、知っていそうで知らない事がたくさん有ります。知れば嬉しい情報をジャンルに寄らず集めてみました。

暮らしの知恵

食べ物を一歩美味しくするコツ

投稿日:2017年3月9日 更新日:

当たり前のことですが、「食事」は生きていくための基本です。

美味しいものを食べた時「あー なんてシアワセ」って思う事もありますよね?

家族を喜ばせるお料理も、ちょっとしたコツを生かせば食材を無駄にせず、美味しく頂けるようにもなります。

では、食にかかわる「昔からの知恵」をいくつかご紹介しますね。

 

生クリームが分離してしまった時

「さあ、今日は子供の誕生日、お手製のケーキを焼いて喜ばせるぞ!」と思ったあなた。

せっかく張り切って仕上げの生クリームを泡立てすぎて分離したことありませんか?

そんな時はクリームの入ったボールをぬるま湯につけ、ゆっくりかき混ぜればなおりますよ!

 

チーズは真ん中から切って使っていますか?

チーズを包丁で切る時たいていの人は一方の端から切っています。

でも、これは切り口を乾燥させる原因になります。

チーズはまず真ん中から必要な分だけ切ったら、切り口と切り口をピッタリ合わせラップで包んで保管します。

そうすればカチカチに乾いてしまう事はありません。

これで、いつもおいしいチーズが食べられますね。

 

肉は繊維質をこわしてから調理しよう

買ってきたお肉が固そうだなと思ったら、焼いたり揚げ物にする前に、まずマナ板の上でお肉を一枚ずつひろげ、まんべんなく叩きます。

さらにお肉の繊維の目と直角になるように包丁の先で浅く細かく切り込んでおきます。

こうすれば固いお肉も柔らかになりますよ。

 

ふっくらとしたハンバーグを作る秘訣

子供の大好物のハンバーグ。でも、家庭で焼くとパサついたり固くなったりすることはありませんか?

でもこの秘訣を覚えてしまえばもう大丈夫!

ハンバーグをまとめる時に卵を使うのが秘訣なんですが、白身を十分に泡立ててからハンバーグのタネにさっくりと混ぜてみて下さい。

これで焼くと多少は焦げても、やわらかく、ふっくらとしたハンバーグになります。

絶品ハンバーグが出来上がります!

 

ステーキを焼くコツ

ステーキはバターで焼くのが一番ですが焦げ付きやすいですよね。

あまり焦げ付かせたくない場合はまずフライパンにサラダ油等を入れて熱し、そのあとにバターを入れるのがコツです。

こうすれば焦げる心配はなくバターの風味も程よくお肉にしみこんで美味しいステーキになります。

 

冷蔵庫に入れたお肉はすぐ調理しない方が美味しい!

冷蔵庫に保存しておいたお肉を出してからすぐ使うと、おいしさが半減すること、知っていましたか?

というのは冷えたお肉は熱の通りがよくないという単純な理由からです。

使う時はあらかじめ冷蔵庫から出して常温の状態に戻してから調理するのが理想的です。

ただし、から揚げの場合は例外で、粉をつけたら冷蔵庫で一旦冷やした方が、カリッとして美味しく仕上がります。

 

冷蔵庫にいれてはいけない食品もある

冷蔵庫も大型化されてきましたので、何でもかんでも冷蔵庫にいれてしまいがちですが、冷蔵庫に入れるとかえって傷んだり味が落ちるものもあります。

バナナ・なす・サツマイモはその代表です。

冷蔵庫に入れると味が悪くなり鮮度も落ちてしまいます。

特にサツマイモは低温を嫌います。冷蔵庫に入れておけば腐ってしまうこともあります。

お手製のマヨネーズも九度以下になると分離し菌が繁殖します。保存する時は冷凍庫から最も離れた比較的温度の高めな場所を選びましょう。

 

塩気の強い鮭はお酒をかけて焼けば大丈夫

辛塩の鮭は夏場など保存がきくので便利ですが塩気が強すぎて美味しくないと感じたりします。

辛塩の鮭を焼くときは、日本酒をふりかけるか、少し日本酒につけてから焼くととても美味しくなります。

鮭は嬉しいことにメラニンの生成を抑える働きもあります。美味しく焼いて夏場は積極的に食べましょう!

 

おいしい貝の味噌汁を作るコツがあります

普通は、お水から貝を入れて汁が煮立つ頃にお味噌を入れますよね?

でも、この方法だと汁はおいしくても肝心な貝が固くなって美味しくなくなります。貝は口を開けたころが柔らかくて美味しいんです。

そのためには貝を入れて口を開けたところで取り出してしまいましょう。

その後、その汁にお味噌を入れて火を止めます。

食べる時は、お椀に取り出した貝を入れ、その上から味噌汁を注ぐようにします。美味しいですよ!

 

キュウリはビタミンCをこわす

野菜なら何でもいいから食べればビタミン補給になると思っていませんか?これは誤りです。

生のニンジンやキュウリは他の野菜に含まれているビタミンCを壊す働きがあります。

ジューサーで野菜ジュースを作ったりする時は要注意です。

サラダにニンジンやキュウリを入れる時は酢水につけるか軽くゆでて盛合せるようにすれば大丈夫です。

モミジおろしもニンジンが大根のビタミンCを破壊してしまいます!見た目はキレイですが、大根のビタミンCがもったいないことに・・

ね?昔ながらの知恵も役にたつことが一杯あるでしょう?

まだまだお伝えしたいことがありますが、長くなってきましたので、今日はここまでにしますね。

<肌荒れ・雑草除去・晴れた瞼を治す・ガラス拭きetc・・昔の知恵>

-暮らしの知恵

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

肌荒れ・雑草除去 – 昔の知恵

今は、便利グッズや目的別のアイテムが、目移りするほど豊富に用意されています。 買いそろえるのは、もちろん楽しいですし、金銭的に余裕があれば、なおさらです。 でも、目的のためにせっかく購入しても、お悩み …

昔の知恵

経済的に豊かになってくる程、物を大事にする心が失われがちです。 便利なものや新しいものを使うのって、とっても嬉しいことですが、時折、「あれ?もったいなかったかな?」って、捨てたことを後悔することがあり …

花や鉢植えを生き生きと

最近、花や鉢植えに凝る人も多いですね。 花や植物が元気だと、眺めているだけでも嬉しくて、あたりに幸せが漂ってる感じがします。それに育てる楽しみも与えてくれますね。 でも、お水も毎日あげて、肥料もしっか …