幸せ雑学館

世の中、知っていそうで知らない事がたくさん有ります。知れば嬉しい情報をジャンルに寄らず集めてみました。

お祝い事

おひな様の由来と風習

投稿日:2017年3月4日 更新日:

お雛様を片付ける時は一晩寝かす?

3月3日まで、家の中を賑やかに飾ってくれていたお雛様も、3日を過ぎれば急ぎ片付けに入ります。

私の住む静岡県には3日の夜には、何故かお雛様を後ろ向きに寝かせる風習があります。不思議に思い、祖母に意味を尋ねても、「お雛様をしまう前には、そうするものだ」と言われました。

静岡県のすべての地方がそうとは言い切れませんし、静岡に住んでいても、初耳と言う方もいると思います。きっとお雛様のしまい方にも地方独特のやり方があるのでしょうね。

 

昔は古くなった雛人形は川に流していた!

又、4日には近くに住む人達が、それぞれ古くなった雛人形を持ち寄り、川に流しているのを見たことがあります。田舎の家はどの家も広く、ほとんどの家が段飾りのお雛様でしたので、流すのは大体、三人官女や五人囃子の小さな人形達でした。それに、大きな雛人形まで流していたら川は大変な事になったでしょうからね。

 

どうして川にお雛様を流していたのだろう?

平安時代の人々は、穢れ(けがれ)や禍(わざわい)、病(やまい)などを、紙や葉で作った「ひとがた」に移して流していました。

恐れているものを「ひとがた」に移して流す→雛人形を流す というふうに変化したのかもしれません。

 

お雛様を飾るようになったのはいつ?

平安時代の、紙や植物で作った人形「ひとがた」に禍(わざわい)を移し、川や海に流すという信仰的な風習と、貴族家庭の少女が遊んでいた人形遊びが互いに融合し、年中行事として3月3日のお節句にお雛様を飾って女の子のお祭りとするようになったのは、江戸時代からです。

やがて、ひな祭りが一般化し、広く流行するにつれて、人形師達のさまざまな作品が飾られるようになり、時代の変化に伴って、人形達の顔や衣装も変わっていきました。

 

時代の移り変わりと考え方の変化

自然災害や目に見えない禍(わざわい)を最も恐れ、人形(ひとがた)にその禍(わざわい)を移してしまった時代の考え方も、すっかり変わったと言えます。現代では、お雛様は幸せや健やかな成長を願う人形であって、

不幸を移そうだなんて、これっぽっちも考えませんからね。

不幸を祓う事や、流す事を考えていた古代日本の思想ですが、現代では、不幸を取り除くというより、それを受け入れながら、「幸せを探す」という考え方です。

良く、何もない時代は心が豊かだったと言われますが、流し雛に頼らざるを得なかった時代を考えると、文明や文化の発達は心まで豊にしてくれたのだと思います。今は生活するにおいて物理的に暗闇なんてないですものね。

 

男の子にもお雛様があった?

昔は、何故か、男の子も「天神様」と呼ばれる男雛を母方の実家から贈られる事がありました。

ですから雛祭りは、女の子だけのお祭りではなかったんです。男の子の誕生を祝う「天神雛」がありました。

さらに、女の子ばかり生まれると「今度こそ男の子が生まれますように」と祈って、続いて生まれた女の子に「天神雛」を与える事もありました。

美しく愛らしいお雛様ではなく、りっぱな髭をたくわえた「天神様」を与えられてしまった女の子の心はどうだったのでしょう?

もしかしたら、男雛をあたえられた悲しさより、自分の誕生を喜んで貰えなかったという事実の方が、その女の子にとっては辛かったのかもしれません。

跡継ぎを願うあまり、次女や三女に天神雛を与えたのかもしれませんが、現代では考えられませんね。

 

ささいな事で子供の心は傷ついている

昔、天神雛を与えられた女の子たちのように、幼い子供の心は、大人が知らないうちに傷ついている事があります。

子育てをしていて悩む時があったら、自分が子供の時、どうして欲しかったか?どんな言葉をかけて欲しかったかを考えて接することが、一番の解決法だと思います。

 

-お祝い事

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

赤ちゃんのお祝い行事

遥か昔の時代から、子供たちは親にとって、かけがえのない宝物でした。日本の各地には赤ちゃんや子供のお祝い事のしきたりや、ならわしが伝え継がれています。 しかし現代は核家族化が進み、祖父母に教えられる機会 …

お祝いの習慣・・その起源

日々の風習は幸せを願うために行うものが多く存在します。 でも、意味は知らないけど昔からそうだからと、行っている方が殆どなのではないでしょうか? ここでは何気なく行っている日々の習慣や風習の意味をまとめ …

披露宴のマナー

私は以前、結婚披露宴の司会の仕事をしていました。 披露宴も、どんどんスタイルが変わってきてはいますが、列席する人達の祝福する気持ちや笑顔はいつも同じです。(最近では披露宴とは言わず、パーティーと言う式 …

お祝いを包む- 結婚・出産・入学・初節句 

親しい人のお祝い事にはお祝いの品やお金を包んで贈りますね。 色々なシーンで贈り物をする時、ふと、これで大丈夫なのかしら?と考える時があります。 贈り方の風習は文化の移り変わりと同様に変わってきています …

披露宴のスタイル

「幸せ」という言葉が一番飛び交う日・・と言えば、間違いなく「結婚式」ですね。 出席者はことあるごとに「おめでとう!お幸せに」と声をかけ、新郎も挨拶となれば「幸せな家庭を築きます!」と宣言します。会場の …