幸せ雑学館

世の中、知っていそうで知らない事がたくさん有ります。知れば嬉しい情報をジャンルに寄らず集めてみました。

日本の文化

日本の文化のルーツ

投稿日:2017年3月5日 更新日:

日本古来から受け継がれてきた国民的な節句の行事。

子どもの成長や、日々の健康・平穏な暮らしを願う節句。

※ルーツは実は「中国」にあったという事実は以前にも述べました。

中国の「陰陽五行説の思想」で決められた節句の日が、日本でも国中の行事として伝わっているなんて、すごい事だと思いませんか?

今では、中国には飛行機で3~4時間もあれば行けますし、スカイプですぐに会話もできます。でも、古代においては、日本から大陸に渡る事は想像を絶する苦難の道のりだったのではないでしょうか?

※遣隋使

「聖徳太子」が隋(中国)に遣隋使を派遣した事が、中国の文化や学問を学ぶ先駆けとなるわけですが、以来、二千年にもわたる長い年月の間、日本は中国に学び、その文化を採り入れてきました。

最近では、中国に対して批判的な意見が多いですが、周りをを見回すと中国伝来の文化・物の多さに驚かされます。

 

※中国から伝わったもの

・四季の中の「立春・夏至・立秋・秋分・冬至」など合計二十四節季

・漢字

・干支、十二支  雅楽  水墨画  三味線

・中国の医学 漢方

・仏教(真言宗、天台宗、禅宗など)

・米  蕎麦  白菜  桃  緑茶  豆腐

・箸  急須  のれん  手拭い  下駄  湯たんぽ

・養蚕  ちりめん織  職人さんなどが着る“はっぴ”

・襖(ふすま) 唐紙(からかみ)  かみそり  ろうそく  封筒

・鏡  かんざし  おしろい  頬紅  眉墨

・金魚  バラの花

こんなにもたくさんあります。

この他にも、江戸時代以前からある文化や芸術、日本語に含まれる単語の中には中国の影響を受けているものが多くあります。

こうしてみると、改めて中国から伝わった文化の多様さに驚きます。

また中国文化あってこそ今の日本文化があると、つくづく感じてしまいませんか?

 

※「日出処の天子」

現代では、中国から伝わった文化も日本の風土やしきたりによって、日本独自の文化となり、中国に逆輸入されているものもあります。又、ドラエモンなどのアニメはそのまま放送されているようです。

それにしても、島国の小国だった日本が、中国やインド、やがては西洋の文化を取り入れながら急速に発展を遂げ、大国と肩を並べるようになったのですから、我が国、「日本のパワー」も物凄いですね。

聖徳太子が遣隋使に持たせた手紙「日出処の天子・・」はあまりにも有名です。隋の煬帝をかなり怒らせてしまったようですが、聖徳太子は、その時から日本を「日の出る国」と表しています。いつか大きな国になると予想していたのでしょうか?

 

※文化を与えてくれた中国に対しての現在の見方

最近は中国から多くの人達が日本に観光や買い物に訪れるようになりました。中国の人は非常識だとか、マナー違反だとか、人間性を色々と批判されますが、そもそも人との「接し方の考え方が違う」ようですし、頭ごなしに批判するのはどうなのかな?と思います。

私は中国歴史ドラマが大好きで良くTVで観ていますが、とても礼節を重んじているし、人に対して徹底的な優しさも感じます。肌も皆、綺麗で美しい人達が大勢います。もっともっと友好的に交流ができれば良いのにと心から思います。

しかし残念ながら、中国製品は食品から高濃度の農薬が検出されたり、危険な添加物を大量に使っていたり、他の国のブランドを平気で真似したりと、失望するニュースが時々入ってきます。

どうして、偉大な文明や文化をあれだけ持った大国なのに、プライドを捨てるような事をしてしまうんでしょうか?

ほんの一部の人がやった事だとしても、他の真面目な中国の人まで、同じ目で見られてしまいます。中国本来のすばらしい姿に戻って欲しいです。

でも、中国のみならず、日本でも食品にゴキブリやハエが混入していた事もあります。ブランド牛を偽って販売していたというのは日常茶飯事です。

自分の国を棚に上げて批判は出来ないですね。

 

※まとめ

遠い昔に大苦労して遣隋使が日中交流の礎を築いてくれました。もっと仲良くなってお互いの国を尊重し合えたら良いですね。

 

 

 

こうしてみると、中国の伝来文化の多様さに今更ながら驚き、また中ああったり、国文化あってこそ今の日本文化があると、つくづく感じてしまい

 

-日本の文化

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事はありませんでした