幸せ雑学館

世の中、知っていそうで知らない事がたくさん有ります。知れば嬉しい情報をジャンルに寄らず集めてみました。

ペットと暮らす

犬と暮らす覚悟

投稿日:2017年3月6日 更新日:

人のために働く利口な犬たちがいます。

盲導犬  介助犬  聴導犬  麻薬探知犬  警察犬  災害救助犬

 

と、犬の習性を生かした仕事をしてもらっています。他にも、猟犬や牧羊犬と様々です。

そのように一生懸命に働いてくれなくても、犬との生活は素晴らしく、一緒にいるだけで家族にも笑顔が増え、犬の身体を撫でているだけで、指先から何とも言えない幸せが伝わってきます。

じゃあすぐにでも犬を飼おう!と思われるかもしれませんが、ちょっと待って下さい!

 

※しっかりとした理由もなく犬は飼わない!

数年前から犬を流行に合わせて気軽に飼う方たちが増えてきました。

ア〇ムのコマーシャルのチワワが可愛い!

ドラマに出ていた〇〇犬が可愛い!

そうなるとその心理を利用して、流行の犬が量産されます。そして、流行が過ぎると量産した犬は余ってしまい、最終的には、捨てられたり処分されてしまう事も・・・。

でも、これは販売側だけが悪い訳ではありません。可愛い子犬を安易な気持ちで求める人達がいるからです。

そういう人達の中には、実際に飼ってみると、予想以上に手がかかったり、大きくなって始末に負えなくなり、捨ててしまう人もいるのです。

実際、私も捨てられた犬を見た事があります。悲しい目をしていました。

では、犬と一緒に幸せな暮らしをしたいと思うならば、どんな準備をすれば良いでしょうか?

 

※家族全員が賛成しているか?

これは一番、重要です。あなたが一人暮らしなら別ですが、家族と一緒に暮らしている場合は家族みんなが喜んで受け入れる事が大切です。家族の中に一人でも反対する人がいると犬との信頼関係が築けません。

 

※なんのために飼うのか?目的を考える

パートナーを迎える時、「話し相手として」「家族として」「番犬に」「護衛犬に」など、はっきりした目的を持つことが大切です。

 

※金銭的余裕はあるか?

つい見落としてしまいがちですが、飼育費用は想像していたより、はるかにかかるものです。

一番大きいのが食費、長毛種ならトリマー(美容師)のお世話にもなりますし、予防接種やワクチン、避妊・去勢手術と病院代もかかります。病気になって手術・入院す場合もあります。

 

※世話をする人は誰?

犬が来たその日から、やらなければならない事がたくさんあります。

トイレの掃除としつけ、食事の管理、毎日の散歩、病気の予防と手当・・・これらの世話は誰がやるのでしょう。犬が来てから決めていては遅すぎます。たいていは家にいる時間が一番長い人が担当になりますが、できれば、家族一人一人が最低一つ、分担して受け持ちましょう。

 

※住環境は?

マンションやアパートで飼う場合、もし小動物の飼育が禁止されていた場合は、隠れてこっそり飼うのはいけません。トラブルの元になり、結局は犬を手放す事になりかねません。

 

※純血種と雑種、どちらを選ぶ?

純血種だから雑種より優秀ということはありません。雑種でも正確の良い利口な犬はたくさんいます。私は子供のころから様々な犬と暮らしてきましたので、この点は良く分かっています。

純血種でも雑種でも、「この子と暮らしていきたい!」と強く思った子を選んでください。

 

※ワンコと暮らす最初の日

子犬が我が家にやってくる日・・もう待ち遠しくて子犬を見たら、すぐにかまってあげたくなりますが、子犬は不安でいっぱいです。はやる心を抑えて子犬の様子を伺います。子犬の方から近寄ってきたり手を舐めたりするので、その時にはそっと抱いてあげましょう。

その日の食事は今まで食べていたものを聞いて、同じものを少量あげるようにします。

そして肝心なのは、トイレのしつけ。部屋のあちこちに、初日からそそうをしないように、トイレの位置をあらかじめ決めておきます。床の匂いをフンフン嗅ぎまわったり、そわそわしたらトイレのサイン。場所がはっきりわかるようになるまでは、面倒でも、抱きかかえてトイレに連れていくと早く覚えてくれます。

 

※犬を家族に迎える前に覚悟を決めよう!

このように、犬を飼う場合は、まずしっかりと面倒をみる「覚悟」を持ちましょう。

その上で充分な愛情を持って接すれば、犬はその何倍も大きな愛情と優しさで、私達に応えてくれますよ。

 

-ペットと暮らす

執筆者:


  1. […] 関連記事 【犬と暮らす覚悟】はこちら […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ペット – 子犬が来る日 

今日はワンコがくるんだよ!   子供の頃、新しい子犬がやってくるのを学校の友達に自慢して、ソワソワしながら家に帰ったことはありませんか? 犬は大人が思う以上に子供に寄り添い、心を通わせ、時に …