幸せ雑学館

世の中、知っていそうで知らない事がたくさん有ります。知れば嬉しい情報をジャンルに寄らず集めてみました。

暮らしの知恵

昔の知恵

投稿日:2017年3月8日 更新日:

経済的に豊かになってくる程、物を大事にする心が失われがちです。

便利なものや新しいものを使うのって、とっても嬉しいことですが、時折、「あれ?もったいなかったかな?」って、捨てたことを後悔することがあります。

ここでご紹介する「昔からの知恵」は身の回りの小物に対してですから、実践したからといっても、実は金銭的にそんなにお得になるものでもありません。

でも、ちょっとした知恵を遊び感覚で取り入れてみると、案外楽しいものです。いちいち買いに行く手間も省けます。

物を大切にして「幸せ気分」を味わってみませんか?

<身の回りの小物>

※ボールペンのインクの出が悪くなったら

まだ十分にインクがあるはずなのにカスレてしまうボールペンが時々あります。でも捨てないで!

良くある原因はインクの流れの渋滞です。火にちょっとかざして温めるか熱湯につけて温め、次に冷水につけて何度か紙の上をこするようにすればインクが次第に流れてきて故障は直るはずです。

「インクがあるのにおかしいな?」って思ったら試してみてくださいね!

 

※セロファンテープをキレイにはがすには?

紙にはりついたセロファンテープは中々はがしにくいものです。贈り物や菓子箱の包装紙についたセロファンテープを上手にはがそうとしても、ついつい紙を破ってしまいがち。コツは至って簡単です。

アイロンをほんの少し温めてセロファンテープの上からさっとかけてみて下さい。こうすれば紙を傷めず跡も残さずテープがキレイにはがれますよ。

せっかく頂いた贈り物、包装紙も丁寧に扱いましょう。お子さんの良いお手本にもなりますよ。

 

※チューブ入り接着剤の保存法は?

チューブ入りの接着剤はフタを完全にしておいても時間がたつと中身が固くなってしまい使い終わる前に捨ててしまいがちです。お茶やノリの空き缶に入れて密閉しておくと長持ちします。

※ポスターの日焼け防止法はあるの?

お気に入りのポスターや写真を部屋にピンナップしても、気付いた時には日焼けしてガッカリする事も。透明な靴みがき用のワックスをポスターの表面に塗っておけば日焼けせずにいつまでも鮮明な色彩を保てます。

 

※濡れた本はアイロンで元通りに!

大切な本をうっかり濡らしてしまったら、アイロンを中温にして濡れた部分にかけるとピーンともとに戻ります。

 

※チューブのフタをなくしてしまったら?

チューブのフタをなくして困った時は、応急処置としてチューブの穴に合ったクギやツマ楊枝を差し込んでおけば間に合います。ちょっとした事ですね。

 

※簡単なメガネのくもり防止法

急に気温の高い室内に入ったり温かい料理を食べる時などメガネはすぐにくもって困る事が。コツとして指を水に濡らして石鹸をつけ、乾きかけた時に布できれいに拭いておくと、くもりはかなり解消されます。

 

※ペンチが動かなくなったら

たまにですが、ペンチを使いたいことがありますよね?

たまにしか使わないのでペンチは交差部分が固くなってしまって動かない事があります。そんな時は、交差部分に台所用の中性洗剤を数滴垂らしてみましょう。何度か動かしているとやがてゆるくなり始めます。動き始めたら洗剤を熱湯で洗い流します。簡単でしょ?

 

※石鹸箱にはスポンジを敷く

石鹸を浴室や洗面所に石鹸箱に入れておくと水切りが悪いため、石鹸箱にヌメリがつきませんか?第一水切りが悪いと石鹸が解けて不経済です。

これを防ぐには薄いスポンジを石鹸箱に敷いておきます。そうすれば快適に使う事ができます。

 

※旅先で靴を守る方法

旅行したさきで大雨にあったり泥んこ道を歩くことになった時には大切な靴が台無しになる事も。

こんな時のためにポリ袋を2~3枚と輪ゴムをバックに入れておいたらいかかでしょう?靴ごとポリ袋ですっぽりつつみ輪ゴムでとめてしまえば、いっこうに気になりませんよ。

ちょっとカッコ悪いのが難点ですが・・

 

※お米のとぎ汁はワックスがりになる

お米をといだときに出るとぎ汁を雑巾に浸し、良く絞ってから床や柱を拭けばピカピカになります。シンクを磨いてもOKです。

小さなお子さんやペットが舐めても安心・安全!

 

※腰が折れてしまった毛筆を元通りにする方法

最近は毛筆の需要性も減ってしまいましたが、お子さんたちは学校で書道の時間がありますし、水彩画を描いたりしますよね?

時に、買ったばかりの筆を使う時、うっかりして腰をグンニャリ折ってしまう事があります。また、同じ筆も使い古してしまうと腰が弱くなって書きにくくなってきます。

筆の腰が折れて使いにくくなったら十分に水洗いして墨や絵の具を取り、

良く乾いたら「タマゴの白身」を塗り付けてみて下さい。

こうすれば元のかたい腰になり書き味がよみがえりますよ。

♡いかがでしたか?

そんなに実用性を感じないかもしれませんが、応急処置としても思い出してみて下さいね。

小さな物も大切にする気持ちは「幸せ運気」をアップするはずです。

 

 

 

 

-暮らしの知恵

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

肌荒れ・雑草除去 – 昔の知恵

今は、便利グッズや目的別のアイテムが、目移りするほど豊富に用意されています。 買いそろえるのは、もちろん楽しいですし、金銭的に余裕があれば、なおさらです。 でも、目的のためにせっかく購入しても、お悩み …

食べ物を一歩美味しくするコツ

当たり前のことですが、「食事」は生きていくための基本です。 美味しいものを食べた時「あー なんてシアワセ」って思う事もありますよね? 家族を喜ばせるお料理も、ちょっとしたコツを生かせば食材を無駄にせず …

花や鉢植えを生き生きと

最近、花や鉢植えに凝る人も多いですね。 花や植物が元気だと、眺めているだけでも嬉しくて、あたりに幸せが漂ってる感じがします。それに育てる楽しみも与えてくれますね。 でも、お水も毎日あげて、肥料もしっか …