幸せ雑学館

世の中、知っていそうで知らない事がたくさん有ります。知れば嬉しい情報をジャンルに寄らず集めてみました。

暮らしの知恵

肌荒れ・雑草除去 – 昔の知恵

投稿日:2017年3月9日 更新日:

今は、便利グッズや目的別のアイテムが、目移りするほど豊富に用意されています。

買いそろえるのは、もちろん楽しいですし、金銭的に余裕があれば、なおさらです。

でも、目的のためにせっかく購入しても、お悩みが解決されない時もあります。

そんな時には、「昔から伝わる知恵」を原点に戻る気持ちで試してみませんか?時に、簡単に悩みが解決する昔からの方法があります。

「なるほど」と頷いてしまうかもしれませんよ。

ではご紹介しますね。

 

肌荒れで悩んでいたら、洗顔に酢水を使ってみよう

石鹸が肌に合わない人がいます。無理して石鹸を使っていても肌が荒れる一方です。

でも、安全のためにどうしても石鹸で洗顔をしたい人は、すすぎの時の水にお酢を少量たらしてみて下さい。

えっ!それだけ?ってガッカリしないで下さいね。

とても効果的で肌がすべすべしてきます。

これはお酢が石鹸のアルカリを中和するためと考えられています。食酢を毎日使うと肌荒れ知らずで過ごせます。

 

お塩を雑草除去に使ってみると・・

これは是非、庭の雑草で困っている方はやってみて下さい!

むしり取っても、むしり取っても、又すぐに生えてくる雑草には本当に手を焼きますね。ことに梅雨時は油断がなりません。

それでも日々、むしっていれば何とかなりますが、どうにも困ってしまうのが石と石の間などに生えたりした「取りにくい雑草」です。

このような雑草は手で取れる限りむしりとってから「塩」をたっぷりかけてみて下さい。

短期間で根まで枯れてしまうはずです。庭に出たネコちゃんが舐めてしまってもお塩ですから安心ですね。

 

夏のヒゲソリを気分良くする秘訣
男性の方、夏の汗ばんだ肌にシェーバーをあてる時、タオルで良く拭いてからヒゲの部分にパウダーをはたいてみましょう。

滑りが良くなってからシェーバーを使えばヒゲがスムーズに剃れ、剃り終わったあともサラリとして快適のようです。

 

固くなったマスカラを復活させる
マスカラは女性にとって目元を美しくみせる必須アイテムですね。

でも、古くなってくると固くなって使いにくくなります。

そんな時は、オリーブ油かベビーオイルを加えてかき混ぜてみて下さい。

こうすれば柔らかになり、又使えるようになります。嬉しい!

 

腫れぼったくなってしまった瞼の治し方
朝、鏡を覗くと自分の瞼が腫れぼったくなってユウウツな気分になる時がありませんか?お化粧ではカバー出来ませんから。

それが特別な日とかだったら一大事です。

こんな時は、氷をガーゼに包み、そのまま瞼にあててみて下さい。かなり効果的です。

もし時間があれば初めに氷を使って冷やし、続いてお湯で蒸しタオルをつくり瞼にあてます。その次にもう一度氷を包んだガーゼをあてれば完璧です!

 

歯を白く健康的な美しさに
歯は美しさを左右します。男性でも女性でも白い歯は魅力的です。

歯医者さんでもケアはしてくれますが、時間があったら、日ごろの歯のお手入れとして実践するのもおススメです。

歯を白くするには歯を磨いたあとにレモンの絞り汁をガーゼに含ませて拭くと簡単で効果的です。レモン汁の酸が歯を美しくするばかりかビタミンCが歯茎を強く健康にしてくれますので「一石二鳥」の効果といえますね。

 

鍵穴周囲に夜光塗料を塗ってみよう

暗闇の中で鍵を開ける時、鍵穴がわからなくてイライラするときがありませんか?

この不便をなくすため夜光塗料を鍵穴の部分に塗りこんでおけば快適です。夜光塗料は普通にホームセンターなどで手に入りますよ。

ガラス拭きに新聞紙を利用してみると・・

透明のガラス窓を掃除するとき、たいていは布を使いますが、アトがつきやすい欠点があります。

ガラス拭きに新聞紙を使ってみて下さい。まず水で湿らせた新聞紙で拭き、そのあと乾いた新聞紙で拭くととてもキレイになります。

洗剤は使わなくてもOKです。

 

ボディースポンジがヌルヌルしたら

浴室で使うボディー用スポンジがヌルヌルしてきたら気持ちが悪いものです。こんな時は、市販の漂白剤を少し薄めた液に浸し、その後、もみ洗いをしましょう。そうすれば、ふたたび元の手触りに戻ります。

♡いかがでしたか?昔から伝わる知恵ですから、古くさいって思われたかもしれませんが、一度試してみる価値はあるかもしれませんよ。

便利なものがない時代、その時代に生きた人たちは、身のまわりのものを最大限利用しながら知恵を働かせてきたんでしょうね。

もしかしたら「幸せを求める気持ち」は今よりも、もっと強かったのかもしれません。

 

 

-暮らしの知恵

執筆者:


  1. […] <肌荒れ・雑草除去・晴れた瞼を治す・ガラス拭きetc・・昔の知恵> […]

  2. […] <肌荒れ・雑草除去・晴れた瞼を治す・ガラス拭きetc・・昔の知恵> […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

花や鉢植えを生き生きと

最近、花や鉢植えに凝る人も多いですね。 花や植物が元気だと、眺めているだけでも嬉しくて、あたりに幸せが漂ってる感じがします。それに育てる楽しみも与えてくれますね。 でも、お水も毎日あげて、肥料もしっか …

食べ物を一歩美味しくするコツ

当たり前のことですが、「食事」は生きていくための基本です。 美味しいものを食べた時「あー なんてシアワセ」って思う事もありますよね? 家族を喜ばせるお料理も、ちょっとしたコツを生かせば食材を無駄にせず …

昔の知恵

経済的に豊かになってくる程、物を大事にする心が失われがちです。 便利なものや新しいものを使うのって、とっても嬉しいことですが、時折、「あれ?もったいなかったかな?」って、捨てたことを後悔することがあり …