幸せ雑学館

世の中、知っていそうで知らない事がたくさん有ります。知れば嬉しい情報をジャンルに寄らず集めてみました。

結婚

ウエディングケーキ由来と披露宴のマナー

投稿日:2017年9月17日 更新日:

ウエディングケーキはいつ始まったの?

形や演出は変わってきましたが、結婚披露宴では、おなじみの光景となっている「ウエディングケーキ」。

 

このウエディングケーキが最初に登場したのはローマの時代と言われています。

そのころの裕福な家庭では結婚式の時、特製のケーキが出されました。

そして花嫁と花婿が一緒にこのケーキを食べ、参列したお客様にも食べて貰ったのです。

 

ケーキは「豊かさ」「幸せ」を意味し、参列したお客様は自分たちも新郎新婦のような幸せが分け与えられる事を願って食べたといいます。

驚くべき事実として、この祝福のケーキは花嫁の頭の上で切られたそうです!ちょっと怖いですね。

 

今では、披露宴の演出としてケーキを入刀した後にケーキをお互いに食べさせ合う事が儀式として定着しているようですが、

この儀式を「ファーストバイト」と言います。

ウエディングケーキ デザイン

昔は、三段、四段と塔のようになったケーキが主流でしたが(バブルの時代(;’∀’))、本物のケーキはほんの一部分。

今では、一段、二段でも、全員で食べられ、しかも、新郎新婦の好みで様々なケーキが選べるようになりました。

二人の思い出を詰め込んだケーキを、デザインしてみるのも楽しそう♡

町のお気に入りのケーキ屋さんで、オーダーすれば、式場に頼むよりも、安くなりますが、持ち込み料金がかかり、

逆に高くなるケースもありますので、式場担当者にしっかりと相談をした方が良いですね。

又、お菓子作りが得意でしたら、思い切って手作りにチャレンジするのもいいですね!

 

披露宴のマナー

さて、披露宴ではウエディングケーキの他にも、幸せなシーンが盛りだくさんです。

披露宴に招待された時に、きっと役立つシーンごとのマナーを、こちらにご紹介しています。

是非、参考にして下さいね。

-結婚

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

恋愛占い 理想の人との結婚

理想の人との結婚は長生き出来る 誰かを愛したり愛されたりすることは、何より幸せな事です。 理想の人と結婚し、幸せで充実した生活をおくる事は、精神的な安定から、肉体的にも健康になれて「長生きできる」とい …