幸せ雑学館

世の中、知っていそうで知らない事がたくさん有ります。知れば嬉しい情報をジャンルに寄らず集めてみました。

お祝い事

披露宴のマナー

投稿日:2017年3月19日 更新日:

私は以前、結婚披露宴の司会の仕事をしていました。

披露宴も、どんどんスタイルが変わってきてはいますが、列席する人達の祝福する気持ちや笑顔はいつも同じです。(最近では披露宴とは言わず、パーティーと言う式場もありますね)

幸せな宴に招待されると、とても嬉しいですよね?

でも嬉しい反面、「これでいいのかな?」とマナーに悩むことはありませんか?

そこで、困る事のないよう経験を踏まえて、いくつかアドバイスをさせて頂きますね。

 

招待状が届いたら

この招待状は、新郎新婦が最終の出席人数を確認するときにも役立ちます。電話で伝えたから、口頭で返事をしたから・・と招待状を送り返さない人がいますが、伝えたとしても必ず、返事は送りましょう。

又、できるだけ早く返事を出すようにします。新郎新婦は、それを基に席次表を作ったり、引き出物の用意をしたりと、準備を進めなければなりません。

 

招待客(ゲスト)の装い

やはり、一番最初に気になるのは、装いですよね?

まず言える事は、招待客は主役より目立ってはいけないという事です。あくまでもゲストですので、新郎新婦よりも控えめに装います。

特に女性の場合、肌を露出させたドレスや、あまりに個性の強いドレスはさけましょう。新婦が引き立つような色・デザインのドレスを選んで下さい。

ちなみに「白」は花嫁の色ですから、禁物です。これは最低限、守って下さいね。

和装の場合は、未婚者は振袖OK・既婚者は留袖 ですね。

 

披露宴会場に到着したら

まずは、御祝儀を受け付けの方に渡しますが、この時に何と挨拶をするのか分からない方もいるのでは?単に受付係という感じで「お願いします」といいながら、御祝儀を差し出す人がいます。

この場合は受付の係の人であっても「本日はおめでとうございます」ときちんとお祝いの言葉を述べましょう。

 

披露宴席へ

・開始まで時間があり、控室やロビーで待つ事もしばしば。その時に、大声を上げたり、大騒ぎをしないよう静かに待ちましょう。又、開宴前に新郎新婦と接する時間が設けられていたとしても、あまり長い時間、話し込むのは控えるようにします。

・コートや傘、大き目の荷物などは披露宴会場には持ち込まずクローゼットに預けるようにします。

・披露宴会場に案内され着席しても、食器などには手をつけず、テーブル上のナプキンは乾杯後に膝にかけます。

 

スピーチ

さて、スピーチを頼まれるとやはり緊張しますね。でも、宴の雰囲気が盛り上がるように楽しい話をして下さい。禁物なのは、たとえ親しい仲と言えど、雰囲気に合わない暴露話をしたり、自分とお祝いを述べる相手しか分からない話をダラダラとする事です。

スピーチでは、まず新郎新婦と両家の親族にお祝いの言葉を述べ、自己紹介と新郎新婦との関係性を簡単に述べてから本題に入るようにします。本題では、新郎新婦の長所が浮かび上がるようなエピソードを織り交ぜましょう。

又、スピーチを聞く側の場合は食事はかまいませんが、おしゃべりはなるべく慎み、スピーチを聞きましょう。終わったら、大きな拍手もお忘れなく。

 

洋食コースのマナー

披露宴では、挨拶に行ったり写真を撮ったりと、何かと席を立つことが多いものです。マナーを知らずに席を立ち、戻った時には、食べようと思っていたお料理が片付けられていることも・・

・コース料理は、ナイフやフォーク類は外側から1対ずつ使います。

・1品を食べ終わったら、ナイフとフォークはお皿の右側に並行して置きます。まだ途中の場合は、ナイフやフォークをハの字にします。

スープは、スプーンで手前から向こうへすくって、口に運びます。

 

中華料理の円卓

中華の円卓の場合、上司や目上の人と同じ円卓を囲むときは、その人が箸をつけてから取るようにします。(取り分け用の箸の事です)

又、他の人が取っている時に、円卓を回さないようにします。

 

言葉

他、お祝いの席では使ってはいけない言葉などもありますが、ひどく不幸を連鎖させるような言葉や人を貶めるような言葉を使わない限り、それほど心配する必要はありません。

何と言ってもお祝いの楽しいお席、失言しても

「おめでたい席に免じましてお許し下さい」と逃げ道が用意されていますよ(^^♪

 

 

-お祝い事

執筆者:


  1. […] 招待された場合は、きっと役立つ、シーンごとのマナーを、こちらにご紹介しています。 […]

  2. […] 披露宴に招待された時に、きっと役立つシーンごとのマナーを、こちらにご紹介しています。 […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

お祝いを包む- 結婚・出産・入学・初節句 

親しい人のお祝い事にはお祝いの品やお金を包んで贈りますね。 色々なシーンで贈り物をする時、ふと、これで大丈夫なのかしら?と考える時があります。 贈り方の風習は文化の移り変わりと同様に変わってきています …

お祝いの習慣・・その起源

日々の風習は幸せを願うために行うものが多く存在します。 でも、意味は知らないけど昔からそうだからと、行っている方が殆どなのではないでしょうか? ここでは何気なく行っている日々の習慣や風習の意味をまとめ …

おひな様の由来と風習

お雛様を片付ける時は一晩寝かす? 3月3日まで、家の中を賑やかに飾ってくれていたお雛様も、3日を過ぎれば急ぎ片付けに入ります。 私の住む静岡県には3日の夜には、何故かお雛様を後ろ向きに寝かせる風習があ …

披露宴のスタイル

「幸せ」という言葉が一番飛び交う日・・と言えば、間違いなく「結婚式」ですね。 出席者はことあるごとに「おめでとう!お幸せに」と声をかけ、新郎も挨拶となれば「幸せな家庭を築きます!」と宣言します。会場の …

赤ちゃんのお祝い行事

遥か昔の時代から、子供たちは親にとって、かけがえのない宝物でした。日本の各地には赤ちゃんや子供のお祝い事のしきたりや、ならわしが伝え継がれています。 しかし現代は核家族化が進み、祖父母に教えられる機会 …